LookerStudioでGoogle/Yahoo広告データを自動連係,合体してみた

LookerStudioはGoogle広告のデータを無料で連係できて、多くの広告運用者に使われています。

広告運用では、Google広告とセットでYahoo!プロモーションで配信する広告主の方も多いですが、今まで両方のデータを合体して結果を表示するにはYahoo!にAPI申請するなど高いハードルがありました。
しかし、2023年2月にYahoo!広告スクリプトがリリースされて、コードを設定すれば簡単に出力できるようになりました。

当サイトでも過去にYahoo!プロモーションからスプレッドシートへの出力の記事で詳細をまとめています。

参考として、Google広告の結果をスプレッドシートへ出力する方法もあります。

今回は、これらの方法を組み合わせてLooker Studioへ、Google広告とYahooプロモーションの昨日までの広告結果を連携、可視化してみました。 Looker studioでは「データ統合」を使って、2つの異なる媒体の結果を合体させています。 Google広告を直接Looker studioに接続することも可能です。しかしそれではデータが限定されてカスタマイズができないため、Yahoo!プロモーションと同じ流れでスクリプトを使って一旦スプレッドシートへ出力しています。

スプレッドシートの準備

まずデータを出力するための、スプレッドシートを用意します。
タブ名は自由に決められますが、区別しやすいように命名ルールをつけています。

・媒体別:Google広告→「G」、Yahoo!検索→「YS」、Yahoo!ディスプレイ→「YD」
・レポート種類:広告グループ→「ADG」、キーワード→「KW」


あくまで一例ですが、こうすることで後からファイルを開いた時に、タブを見るだけで中身が分かります。

広告画面でスクリプトの設定

次にGoogle、Yahooそれぞれの広告運用画面で、スクリプトの設定を行っていきます。
詳細は冒頭にも記載した別の記事で、それぞれの手順を確認できます。
Google広告のスクリプト出力設定
Yahoo!広告スクリプト出力設定
運用画面でスクリプトの設定が完了して「出力」ボタンを押すと、スプレッドシートへ各レポートのデータが出力されます。
データの期間については、スクリプトで「過去30日(都度更新)」か特定区間(例:今年の1月1日~昨日)など選べます。
弊社では、①過去30日を日別と②今年1年を月別と2つを出力することで、短期間と長期間の両方の数値推移を把握できるようにしています。

Looker studioの2つのデータソース結合

ここまで準備ができたら、今度はLooker studio側で設定していきます。

データソースの接続で、最初に①Google広告、②Yahoo!検索の2つのキャンペーンレポートを別々に接続して並べます。


そして、上部のメニューから「データ統合」を選び、この2つを統合していきます。
Looker Studioで2つのデータソースを結合する際に、結合のタイプは下記のとれかを選ぶことになります。

結合演算子の種類結合の結果
左外部結合左側テーブルのデータをベースに、右側のテーブルは一致するデータに限定する
右外部結合右側テーブルのデータをベースに、左側テーブルは一致するデータに限定する
内部結合左右両方で一致したデータに限定する
完全外部結合左右両方のすべてのデータを抽出して限定はしない
クロス結合左右両方の全データを組み合わせてデータを抽出する

「どれを選ぶのが良いか」は目的次第でもありますが、「完全外部結合」であれば左右の全データが保持されるのでお勧めです。今回もこれを選びます。

そしてその下の「結合条件」では、どのディメンションや指標を連結するか、つまり異なるデータソース同士をLooker Studio上で同一の指標として認識させるか、という設定を行います。
これを行わないと別々の指標と見なされて結合されません。

下記のように、「campaign.name」「CAMPAIGN_NAME」を同じ列に並べて鎖マークで繋げることで、後々の図表で可視化する際に同じ項目で費用、CVなどの結果を同時に表示できます。


データソースの結合ができたら、次はLooker Studio内のページ上で表を作成していきます。
このときにディメンション一覧から指標を選ぼうとすると、表1と表2の両方が上下に並んで出てきます。
ただ、それぞれのデータソースの別々の結果が表として出力されるので、このままでは結合できてない状態です。


そこで、フィールド式で日付やキャンペーン、費用など結合させたい指標をそれぞれ結合させます。

■日付
IFNULL(day,segments.date)


■合算費用
IFNULL(費用, COST)

※「費用」はGoogleデータソースで、「metrics.cost_micros」を10^6倍してYahoo!の「COST」と揃えていた作成フィールドです。
そして、キャンペーン名も同じように合成したフィールド式を作成します。

■キャンペーン名
IFNULL(campaign.name,CAMPAIGN_NAME)

このようにして、エラーが出ない状態で2つのデータソースのデータを連携することができました。他の図表についても同じ手順でIFNULLを使いながらそれぞれの指標(キャンペーン、費用など)を1個ずつ並べていきます。

Google,Yahooの3つのデータソースの結合

Google広告とYahoo!広告を合体させてデータを確認することができたので、次にYahooo!検索だけでなく、ディスプレイのデータも結合してみます。正確には、Yahoo!広告はYahoo!検索とYahoo!ディスプレイの2つの画面に分かれていてアカウントや集計するデータも別々となっています。
今度は3つのデータソースの連携ですが、同様の手順で行えば問題なくできます。


フィールド式を作成する際に、「IFNULL」は2つまでしか並べられないので、その外側に1個ずつ追加で「IFNULL」を加えてあげればできます。
下記のように「表1」「表3」など、同じ指標名が出てきたときにデータソース名で区別するための表記が出てきますが、入力する途中で候補が表示されるのでそれに合わせて選んでいけば、正常に表示できます。

■キャンペーン名
IFNULL(CAMPAIGN_NAME (表 1),IFNULL(campaign.name,CAMPAIGN_NAME (表 3)))


データソース名については、「(Table Name)」の部分を下記のように予め区別できる名前に変えることで、その後の操作で出てきても何のデータソースかすぐに分かるようになります。

データの見やすさと判断のしやすさ


ここまでは基盤構築の話でしたが、実際の図表を作ってデータを集計していく段階でも工夫が必要です。
ポイントは、「数値データを見ることで、判断しやすいかどうか」です。

DXなど一般的には「自動化」のキーワードが重要になっていますが、集計したデータを見て何も気づきがなかったり、どんな判断をすれば良いか分からないと本末転倒です。

チームのメンバーで見るのであれば、一番詳しい人ではなく平均的な理解レベルに合わせて図表を可視化しないといけません。
例えば、弊社で取り組んでいる集計法とそれぞれの箇所で気づけるポイントは下記のとおりです。


①日別の広告媒体別の数値がまとめて一目で見れる → キャンペーンごとの昨日と一昨日の変化もすぐに気づける
②キャンペーン番号ごとの、日別×媒体別の数値がすべて見れる → 横並びで比較できてどのキャンペーンを調整すれば良いかすぐに分かる
③日別のキャンペーンの合計値が見れる → 日予算ペースより早いか遅いか、媒体別の比較などすぐに判断できる
④キャンペーン番号ごとの今月の合計値が見れる → 費用、CV(CPA)を横並びで比較して良し悪しがすぐに判断できる


1個ずつ運用画面を開いて、設定内容を調節すれば見れる内容ですが、媒体とキャンペーン数が膨大になったり複数のアカウントを見ないといけない時にこの方法だと一目で多くの情報が把握できて、他アカウントへのコピー転用もしやすくなっています。

データソースの結合をすることで複数の情報がコンパクトに納まりました。
それぞれの設定箇所は下記のとおり順番にコードを入力していきます。

⑤日付
IFNULL(data.date_start,IFNULL(segments.date,IFNULL(DAY (YSS),DAY (YDA))))


⑥Media

CASE
WHEN regexp_match(campaign.name,".*((固有の文字列)).*") THEN "Google"
WHEN regexp_match(CAMPAIGN_NAME (YSS),".*((固有の文字列)).*") THEN "Yahoo"
WHEN regexp_match(CAMPAIGN_NAME (YDA),".*((固有の文字列)).*") THEN "Yahoo"
WHEN regexp_match(data.campaign_name,".*((固有の文字列)).*") THEN "Meta"
END
※固有の文字列に抽出(選別)したいキャンペーンに共通する文字列を入力

⑦キャンペーンNo.

CASE
WHEN regexp_match(CAMPAIGN_NAME (YSS),".*((固有の文字列)).*") THEN "01"
WHEN regexp_match(CAMPAIGN_NAME (YSS),".*((固有の文字列)).*") THEN "02"


WHEN regexp_match(campaign.name,".*((固有の文字列)).*") THEN "01"
WHEN regexp_match(campaign.name,".*((固有の文字列)).*") THEN "02"


WHEN regexp_match(data.campaign_name,".*((固有の文字列)).*") THEN "01"
WHEN regexp_match(data.campaign_name,".*((固有の文字列)).*") THEN "02"
END

⑧費用
IFNULL(data.date_start,IFNULL(segments.date,IFNULL(DAY (YSS),DAY (YDA))))

⑨CV
IFNULL(CONVERSIONS (YSS), IFNULL(CONVERSIONS (YDA), metrics.conversions))

このように、無料のLooker StudioでGoogle広告とYahoo!広告のデータを自動で可視化して、一目で多くの情報を把握できて判断しやすい状況になりました。
データの統合にかかる時間を減らすことで、より多くの時間を分析や戦略立案に使えるため、インハウス運用をされている会社様にはお勧めです。

最新情報をチェックしよう!